自己負担2,000円でメリットいっぱいのふるさと納税!

ご存知ですか?ふるさと納税

納税というと税金を納めなければならないといった印象ですが、ふるさと納税はそうではありません。義務として支払う納税ではなく、寄付にあたるのがふるさと納税です。自分で好きな地方自治体を選んで寄付することができる制度です。ふるさと納税という名称ですが、実際にふるさとである必要はありません。旅行で訪れた町、前から好きだった町、寄付金の使い道に共感できた町。何の制限もなく自分で好きな自治体を選んで寄付することができます。


特産品がもらえちゃう!

地方自治体を選んで寄付をすると、お礼としてその地方の特産物がもらえます。その地域の美味しい食べ物や飲み物。飲食物だけでなく、工芸品や電化製品など、いろいろな種類があります。嬉しいお礼がたくさんあるので、お礼の内容で寄付をする自治体を決めるのもひとつの方法です。ふるさと納税には他にも特徴があり、税金の使い道を指定することができるのです。ほとんどの自治体は、寄付の段階で使い道を選ぶことができます。自分のお金が何に使われるのかを自分で決めることができるので、安心して寄付することができますね。


税金控除で実質負担額は2,000円!

ふるさと納税は税金控除の対象です。寄付した中から2,000円を超える分が控除され、住民税と食税が減税されます。具体的には、その年の所得税から還付されて、翌年の住民税の金額が安くなります。収入に応じて控除額は変わるので、全ての人が実質負担額が2,000円というわけではありません。ただ、還付金があって住民税の支払額が安くなる上、自治体からのお礼の品がもらえるので、実質的にとてもお得な制度だと言えるでしょう。



ふるさと納税で寄付をすると、自分の年収に応じた税金が控除されますので、翌年の住民税の負担が軽減されるというメリットがあります。