うつ病とは!うつ病の発症パターンと今の治療方法

そもそもうつ病とは!

マスコミの報道など自殺の原因となる精神疾患としてうつ病の話題が取り上げられ、ストレスの多い現代社会の問題としてクローズアップされています。この病気は初期の段階では病気であること自体が判別しずらい非常に厄介な状態から始まります。うつ状態とは何らかの原因で脳の活力が減退してしまいもとに戻らなくなってしまう状態のことですが、通常は人間のもつ自然治癒力で時間の経過とともに抜け出し回復してゆきます。その自然治癒力でうつ状態からの回復ができなくなり、さらにその脳の異変に気が付かないままこの精神疾患を抱え込んんでしまうことで症状が悪化しまうケースも多いようです。


うつ病の症状と悪化のパターン

うつ病の症状には、まず憂鬱な状態、気力の減退、楽しみや喜びを感じない、不眠、一見アルツハイマー病ではないかと疑ってし合うような物忘れなどの健忘症の症状があげられます。しかし他の病気のように痛みなど具体的な患部の異常がはっきり表れるわけではないので、初期の段階では多くの患者さんは自分の気力不足、体力不足、努力不足などとして自分を責めてしまい病気であることの自覚ができずうつ病の深みにはまってしまうことが多いようです。特に性格的に生真面目で責任感の強い人ほどこのパターンに陥りやすいようです。


うつ病の医療機関での治療方法

以前はうつ病は職場などの社会環境のなかで周りから病気として認められずらく、発症した患者さんはその治療で本当に苦労をされていました。しかし現代のストレス社会の中で仕事をしているなかでうつ病発症事例もますます増え、今は社会全体でこの病気の対応に取り組んで取り組んできています。特に重要なことはうつ病を発症した患者さんやその周りの人々がこの病気を病気としてきちんと認知し、適切な医療機関での治療が必要であるということをしっかり把握することです。今うつ病の治療方法は医療機関でのカウンセリング、そして症状に合わせた薬物療法、抗うつ薬の投与など多くの医学的治療方法が行われています。うつ病の診療医療機関も増え、治療方法も進歩しています。まずは無理な自己判断をせず、適切な医療機関での早い治療を受けることが重要です。



うつ病を事前に発見するには、カウンセラーに相談するのもいいですが、国が出しているうつ病チェックシートでの確認も便利です。