魅力ある笑顔のためには目元の表情作りから!

埋没法は手軽な二重まぶた施術!

美容整形で最も多く行われている施術は、二重まぶた施術、その中でも埋没法は手軽で人気があります。痛みや術後の目の腫れが少ないのが特徴で、時間的にも短くて済み、費用的にも低コストです。効果としても確実で、目の印象を自分の好みに合うように、華やかにも知的な雰囲気にも出来るわけです。施術の方法は、極めて細い特殊な糸により、まぶたの裏を希望するラインに沿ってヒダを作るものです。留めるのも糸の端2箇所だけなので、仕上がり具合の調整も出来、後ではずすことも簡単です。


ミニ切開法ならとれる心配なし!

二重まぶたを埋没法で行った場合、激しい運動や生活環境によっては、とれてしまうことも時にはあります。一回とれただけでは原因がはっきりしない事もありますが、不安感が残る場合にはミニ切開法が有効だといえます。全切開法に比べて、術後の目の腫れが治まるまでの時間が短く、一重に戻ってしまう事もありません。施術の方法は、希望するラインに沿って1から2センチほど切開してから縫い合わせるもので、時間にして20分くらいです。


涙袋は顔の表情を若くする!

魅力ある目元を作るための施術として二重まぶたを作る施術の他、涙袋を形成する方法があります。涙袋とは笑った時にできる目の下のふくらみの事で、愛らしい笑顔とされる表情には大切なポイントとなります。施術の方法としては、目の下にヒアルロン酸を注入してふくらみを形成するもので、およそ1年間効果が持続します。施術直後は少し目の下が腫れますが、短時間でおさまり周囲に馴染みます。そして、およそ一週間で涙袋がふっくらと形成され、若々しい顔の表情となるわけです。



女性の陰核、すなわちクリトリスが包皮に覆われている状態をクリトリス包茎と言い、美容外科などで治療できます。