日本人に多い包茎の悩み!包茎はどのように防ぐべきか

包茎はコンプレックスの原因となる

包茎は多くの男性にとって重大な問題であり、それがコンプレックスであるという人も多いですよね。性行為の際に見た目が悪いだけでなく、包皮に雑菌が繁殖することにより不衛生な状態となってしまいますので、早めの対処が必要でしょう。また、子どもの場合には包茎によって亀頭の成長が妨げられてしまったり、精神的な負担を感じてしまう子どもも多いんですよ。包茎に対する正しい知識を持つ事が大人になるための第一歩と言えますね。


包茎の中でもやっかいな真性包茎

包茎にはいくつかの種類がありますが、その中でもやっかいな包茎の種類としては真性包茎が挙げられるでしょう。真性包茎とは、手を使って陰茎の皮を剥こうとしても剥けない状態を指します。そのため、性行為の際に、性器が十分な役割を果たすことができなくなってしまい、性行為を中止する必要が出てきてしまうんですよ。真性包茎により生活に重大な影響が出てしまう場合には、専門のクリニックを受診し、手術により通常の亀頭の状態に戻してもらう事が大切でしょう。


真性包茎の原因って何?

生活に重大な影響を及ぼす真性包茎には出来るだけなりたくないですよね。実は、真性包茎になってしまう人の生活習慣や行動には一定の規則性があったんですよ。真性包茎になってしまう原因として最も多いのが、幼少期に性器をいじりすぎてしまう事が挙げられるでしょう。皮が癒着した状態で頻繁に性器をいじってしまうと、性器の皮と性器自体がくっついてしまい、将来的には手術を使った方法でしか治療を行えなくなってしまうんですよ。



包茎は男性器が包皮につつまれている状態で、真性、カントン、仮性の三種類に分類され、勃起時に痛みがある場合は包皮を切除する手術で対処します。