お笑い界で超有名!ビッグ3ってどんな人!?

物まねをする人も多数「ビートたけし」

今回はお笑いビッグ3について紹介します。1人目は「ビートたけし」です。日本のお笑い界で実力・人気ともに名高いビートたけしは、お笑い以外にも映画監督や俳優としても活躍しています。代表的ギャグのひとつ「こまねち」は、その面白い見た目やお手軽さから大人から子どもまで真似する、もはや国民的一発ギャグといっても過言ではありませんよね。若手お笑い芸人のなかでもビートたけしの物まねをする人が多く、その人気ぶりが伺えます。


ハイテンション「明石家さんま」

2人目は明石屋さんまです。現在は主に番組のメインコメンテーターとして活躍していますが、過去にはビートたけしと同じく俳優業もこなしていました。次から次に出てくるトークや鋭いツッコミ、さらには自らがボケ役に回ることがあるなど、お笑いのすべてに通ずる技や知識を兼ね備えています。さんまの○○と彼の名前を用いた冠番組を多く持つことからも、その人気の高さがわかりますよね。屈託の無い笑い声はお茶の間に暖かい笑いを届けてくれます。


常にサングラス「タモリ」

お笑いビッグ3、最後の1人は「タモリ」です。常にサングラスをかけていることで知られているタモリは、数々の人気番組を手がける大スターです。特に、2014年3月31日まで毎日放送されていたフジテレビの大人気番組「笑っていいとも!」は全8054回にわたって、お昼時の息抜きとして貢献してきました。音楽番組やお笑い番組の司会者としてだけではなく、ラップやボディパーカッションなど、お笑い以外にも多彩な才能を持つ人物です。



山本英俊は、パチンコ器機卸会社の代表取締役会長です。その一方で、競馬馬の馬主としても知られています。